HOME > どうぶつ健康百科

【ペットの病気】2016.12.09

卵巣甲状腺腫が疑われた犬の1例

Suspected struma ovarii in a dog

 

第36回動物臨床医学会年次大会プロシーディング,No.2,247-248(2015)

 

要約 

 13歳の雑種犬が食欲不振で来院した。腹部超音波検査で中腹部に直径4.3㎝の嚢胞状腫瘤が認められた。第9病日に切除目的で開腹したところ、腫瘤は腫大した左卵巣だった。病理組織検査を行ったところ甲状腺濾胞上皮細胞に類似した形態を示す腫瘍細胞が確認され、甲状腺の濾胞構造を模倣していた。これは犬や猫ではほとんど報告がないが、人の卵巣甲状腺腫に当たると推察された。本症例の術後の経過は良好であった。

 

はじめに

巣甲状腺腫は主に成熟した甲状腺組織からなる単胚葉性または高度限定型の奇形腫である[1]。犬や猫ではほとんど報告がなく、人でも極めて稀な卵巣腫瘍で、卵巣奇形腫のおよそ5%を占める[2-4]。

 今回犬の卵巣甲状腺腫と疑われる症例に遭遇したのでその概要を報告する。

 

症例

雑種犬、雌(避妊済)、13歳、体重21.6kg。数日前からの食欲不振を主訴に来院した。

初診時一般身体検査所見:腹部触診にて中腹部に3~4㎝の腫瘤を触知した。他の一般状態は良好であった。

初診時画像検査所見:腹部超音波検査では中腹部の腹膜に接する直径4.3㎝の嚢胞状腫瘤がみられた。また腫瘤表面に血流が観察された。胸部X線検査では異常はみられなかった。

初診時血液検査所見:Albの軽度上昇(4.3g/dl)、ALP(390U/l)とALT(91U/l)の上昇が認められた。

 治療および経過1第9病日に腹腔内腫瘤の摘出手術を実施した。腫瘤は左卵巣が嚢胞状に腫大したもので、周辺の脂肪組織を巻き込み腹膜に癒着していた。子宮は全体的に萎縮し、右卵巣は存在しなかった。左卵巣腫瘤と子宮の全摘出を行い閉腹した。術後数日で食欲は改善した。

 病理組織検査所見:左卵巣部に形成された腫瘤は、概ね卵巣様の結合組織性の被膜によって被われていた。腫瘤内は被膜より繊細な結合組織により大小多数の小葉に分画されており、一部では出血が認められた。腫瘤内では小型上皮細胞が索状~腺管状に配列しつつび漫性に増殖していた。形成された腺管は内腔に好酸性を呈するコロイドを貯留し、甲状腺濾胞を模倣していた(図1)。また腫瘍組織が被膜内に浸潤する像が認められた。腫瘍細胞は小型類円形を呈しており、好酸性~やや淡明な少量の細胞質と比較的均一な形態を示す類円形核を有していた。腫瘍細胞が索状や充実状に配列しているように観察される部位でも、腫瘍細胞はしばしば好酸性のコロイドを入れた濾胞構造を形成していた。腫瘤辺縁部の被膜では、静脈内に腫瘍細胞塊が浸潤する像が認められた。

 腫瘤の一部の腫瘍組織に接する部位において、腫瘍細胞とはやや異なる形態を示す細胞によって構成された細胞塊が認められ、やや大型の類円形細胞が索状に配列していた。これらの細胞は中程度~やや豊富な細胞質を有し、細胞質内は好酸性顆粒状を呈することが特徴的であった。精巣の間細胞に類似した細胞形態を示し、卵巣では性索間質細胞(門細胞)に相当する可能性が考えられた。

 また右卵巣に相当する部位に卵巣組織は確認されず、子宮全体にも著変は認められなかった。

 以上の所見より左卵巣腫瘤は卵巣甲状腺腫と推察された。

 治療および経過2第34病日に病理組織検査の結果を考慮しT4(0.4μg/dl)、fT4(<0.3ng/dl)、TSH(0.20ng/ml)を測定した。また頸部甲状腺の腫脹も認められなかった。本症例では術後特筆すべき治療は行っていないが、1年6ヶ月以上経過した現在でも良好な一般状態を維持している。

 

考察

 犬や猫ではほとんど報告がないが、人では卵巣内に甲状腺腫瘍が発生することが知られている。卵巣甲状腺腫と分類されるには全体の組織のうち50%以上を甲状腺組織が占めなければならないとされていて、本症例でも腫瘤内は概ね甲状腺様の組織で満たされていた。また犬では稀に異所性甲状腺が舌や頸部腹側、前縦隔、心基底部などに生じ腫瘍化することが知られている。本症例の腫瘍も卵巣周辺に存在した異所性甲状腺組織から発生した可能性も完全には否定できない。しかし腫瘤周辺は卵巣様の結合組織で覆われ、腫瘤の一部に卵巣の構成成分と思われる組織がわずかに観察されたことから、卵巣内に発生していた可能性が示唆された。これらの事から左卵巣の腫瘤は卵巣甲状腺腫と推察された。

 人の卵巣甲状腺腫の患者において甲状腺機能亢進症の臨床症状または血液検査でそのような数値が出ることは稀で、5~8%未満で起こる。本症例では第34病日にT、fT、TSHの測定を行ったがいずれも甲状腺機能亢進症を示す数値ではなく、また甲状腺機能亢進症の臨床症状もみられなかった。

 この雑種犬は1歳頃に避妊手術が施されている。卵巣のみの摘出だったと思われるが、左卵巣部分に卵巣甲状腺腫が形成されたこと関係しているかは分からない。

 本症例では局所浸潤と静脈浸潤が確認されているが、腫瘍の再発や転移はなく1年6ヶ月以上経過した現在でも良好な一般状態を維持している。

 犬の卵巣甲状腺腫はほとんど報告がなく、今後症例の蓄積が必要である。

 

参考文献

1)Dunzendorfer T, deLas Morenas A, Kalir T, Levin RM. Struma ovarii and hyperthyroidism. Thyroid 1999; 9:499.

2)Kondi-Pafiti A, Mavrigiannaki P, Grigoriadis Ch, et al. Monodermal teratomas (struma ovarii). Clinicopathological characteristics of 11 cases and literature review. Eur J Gynaecol Oncol 2011; 32:657.

3)Yassa L, Sadow P, Marqusee E. Malignant struma ovarii. Nat Clin Pract Endocrinol Metab 2008; 4:469.

4)Yoo SC, Chang KH, Lyu MO, et al. Clinical characteristics of struma ovarii. J Gynecol Oncol 2008; 19:135.

 

卵巣甲状腺腫が疑われた犬の1例-1

図1

形成された腺管はコロイドを貯留し甲状腺の濾胞構造を模倣している。

 

注意

この症例報告は第36回動物臨床医学会年次大会で発表したものを加筆したものです。

本稿をお読みの際は必ず第36回動物臨床医学会年次大会プロシーディングNO.2,247-248(2015)を参照して下さい。

【ペットの病気】2014.11.17

猫消化管好酸球性硬化性線維増殖症の一例

A case of feline gastrointestinal eosinophilic sclerosing fibroplasia

 

第35回動物臨床医学会年次大会プロシーディング,No.2,391-392(2014)

 

要約 

 1か月前から慢性の嘔吐があるとの主訴で来院した5歳齢の猫の開腹手術を行ったところ、胃幽門部に直径3cmの腫瘤が存在した。また近くの大網のリンパ節も腫大していた。胃腫瘤の全摘出は行わず、全層材料と腫大したリンパ節を採取し病理組織学的検査を行った結果、猫消化管好酸球性硬化性線維増殖症(Feline gastrointestinal eosinophilic sclerosing fibroplasia)と診断された。その臨床経過と治療経過を報告する。

 

はじめに

 猫消化管好酸球性硬化性線維増殖症:Feline gastrointestinal eosinophilic sclerosing fibroplasia (FGESF)は最近Craigらによって提唱された名称である[1]。病変は主に消化管と周辺のリンパ節に限局し、結節性、非腫瘍性で高密度に線維増殖が見られ好酸球と肥満細胞が浸潤する。多くは中心部が壊死し潰瘍化した壁内腫瘤であり、組織学的にはFGESF病変は多数の大型線維芽細胞によって索状に配列した高密度で硬化した膠原線維が分岐している特徴を示す[1]。FGESFの病変部は好酸球と肥満細胞が主体で、少数の好中球やリンパ球、形質細胞を含む混合炎症性細胞の集団を形成する[1]。

 FGESFの病変は腫瘍病変と似ている。これらの病変部での非常に硬い索状の膠原線維層は類骨にも類似していて骨肉腫と誤診されるかもしれない[1,2]。また多数の肥満細胞の存在は硬化した肥満細胞腫と診断されてしまうかもしれない[1]。

 FGESFの56%(14/25)で細胞内細菌が見つかり[1]、また別の研究ではメチシリン耐性ブドウ球菌が最も多く検出されたとの報告もある[3]。本症の病因は知られていないが、これらの細菌感染や消化管内の移動性の異物による損傷、遺伝的な好酸球の失調、ヘルペスウイルスの感染や食品性過敏症などが示唆されている[1,4]。

 これまでの所FGESFの発生報告は少なく、今回その臨床経過と治療経過を報告する。

 

症例

雑種猫、雄(未去勢)、5歳、体重4.9kg。1か月前から慢性の嘔吐があるとの事で来院してきた。

各種検査所見:腹部触診にて上腹部に3~4㎝の球状の腫瘤を触知した。他の一般状態は良好であった。腹部超音波検査では胃に幅1.5㎝の高エコー・低エコー性が入り混じり、漿膜面が不規則な腫瘤が認められた。また直径6㎜に腫大したリンパ節も見られた。血液生化学検査ではRBCとPCVの軽度上昇、Platの軽度低下、好酸球数の上昇(2668/μℓ,WBC:11600/μℓ)が見られた。またTP値の低下(5.1g/dℓ)とGlu値の上昇(202mg/dℓ)が見られた。FeLV抗原・FIV抗体検査は共に陰性であった。

 治療および経過1:第4病日に開腹手術を実施した。術前に行った胸部・腹部X線検査では異常は見られなかった。胃幽門部に直径3cmの硬い結節状の腫瘤が見られた。腫瘤を中心に胃壁は固く肥厚しており漿膜面は充血していた。また腫瘤近くの大網のリンパ節もやや腫大していた。他の消化管及び臓器に異常は認められなかった。幽門部腫瘤の全摘出は行わず全層材料と腫大したリンパ節を採取し閉腹した。なお腫瘤にメスで切り込む際、軟骨を切る様な感触があった。

 病理組織検査所見:胃粘膜面では潰瘍が認められ、胃粘膜固有の構造は消失していた。潰瘍下から粘膜下組織深部、筋層表層でも本来の構造は消失し、び漫性に細胞増殖や膠原線維の増生が認められた。潰瘍直下の胃粘膜面では、比較的成熟した膠原線維が索状に配列しつつ豊富に増生し、線維索間には線維芽細胞が豊富に増生していた。索状に配列する膠原繊維はしばしば均質な好酸性を呈し、硝子化していた。線維索間では腫大した核を有する線維芽細胞の増生に混じって、多数の好酸球やマクロファージが浸潤していた(図1)。胃中層部は表層部に比較して線維芽細胞の増生が顕著に観察された。膠原線維索は繊細で、好酸球の浸潤も軽度であった。胃の深層部では、表層のような成熟した膠原線維が索構造を形成する像は認められず、線維芽細胞および繊細な膠原線維が混在しつつ豊富に増生し炎症細胞浸潤は乏しかった。リンパ節は皮質を中心にリンパ濾胞が腫大し、腫大した濾胞では胚中心の拡大を伴っていた。リンパ節辺縁部では好酸球が多数浸潤していた。一部のリンパ洞では線維芽細胞と膠原線維の軽度造成が認められた(図2)。本例の胃やリンパ節では明らかな細菌感染は確認されなかった。またいずれの組織にも異型細胞の増殖像は認められなかった。以上により本症例をFGESFと診断した。

 治療および経過2:第11病日よりメチルプレドニゾロン酢酸エステル(8㎎/head IM 2週間毎)とセフォベシンナトリウム(コンべニア®,8㎎/kg,SC,2週間毎)の投与を開始した。また体重減少が推測されるため[1]、高栄養療法食(a/d; Hill’s)の給餌を指示した。

 第33病日、食欲もあり嘔吐も認められなかった。上腹部に直径3㎝の結節性の腫瘤が触知でき、初診時と変化はなかった。腹部超音波検査でも腫瘤に著変は認められなかった。血液生化学検査ではRBC(12.24×106/μℓ)、Hb(19.0g/dℓ)、PCV(61.9%)の上昇が見られた。また好酸球数は387/μℓ(WBC:4300/μℓ)だった。その他の項目に異常は認められなかった。

 第74病日、食欲もあり嘔吐も見られず、便秘が認められたもののQOLは維持していた。腹部触診にて腫瘤の形状に変化は認められず、一般状態は良好で体重の減少もなかった。腹部X線検査では胃付近に不透過性の亢進した領域が認められ、結腸に糞塊が多く見られた。

 第93病日、一般状態に変化は認められなかった。腹部超音波検査では腫瘤に著変は見られなかった。血液生化学検査ではRBC(14.13×106/μℓ)、Hb(21.6g/dℓ)、PCV(68.4%)の上昇とWBC(3200/μℓ)の減少が見られた。好酸球数は320/μℓだった。またAlb(4.2g/dℓ)の軽度上昇も認められた。

 本稿執筆時(240病日)、食欲もあり嘔吐も見られず胃幽門部の腫瘤に変化は認められていない。

 

考察

 本症例は1か月前から慢性の嘔吐が主訴で来院した5歳齢の未去勢雄猫で、末梢血中の好酸球の増加が見られた。開腹した所、胃幽門部に3㎝の硬い結節性の腫瘤が形成され、付近のリンパ節もやや腫大していた。病理組織学的検査において胃の腫瘤は猫消化管好酸球性硬化性線維増殖と呼ばれる病変に相当し、リンパ節で認められたリンパ節炎も胃の病変に関連している可能性が示唆された。本症例の胃やリンパ節では明らかな細菌感染は確認されなかったが、Craig らの報告では猫25 例のうち14例で細菌群が微小膿瘍や壊死の中心部に確認され、FGESFの原因が細菌感染による可能性が高いことが示されている[1]。

 胃幽門部に形成された腫瘤は完全切除が不可能と判断し全層材料の採取を行った。Craig らの報告では猫25 例のうち8例が胃に腫瘤が認められ、そこよりも遠位に病変部があった場合よりも外科的に切除する事は困難でしばしば摘出不可能と判断された[1]。

 抗生剤の投与と腫瘤の摘出手術、または手術単独の猫の生存期間は、手術とPrednisoneの投与を行った猫に比べ優位に短かったとの報告から[1]、2週間毎にメチルプレドニゾロン酢酸エステル(8㎎/head IM)を投与した。Craig らは抗生剤の治療には反応しないと結論付けているがセフォベシンナトリウムも併用した[1]。他にモサプリドクエン酸塩の内服なども勧めたが飼い主は投薬不可能との事だった。

 本症例は末梢血中の好酸球の増加が見られた(2668/μℓ,WBC:11600/μℓ)。Craig らは血液検査を実施した12症例の内7症例で好酸球の増加が認められたと報告している[1]。術後メチルプレドニゾロン酢酸エステルの投与を開始し、第33病日と93病日に血液検査を行ったところ、それぞれ387/μℓ(WBC:4300/μℓ)と320/μℓ(WBC:3200/μℓ)と好酸球数は正常値を維持していた。

 本稿執筆時(240病日)において胃幽門部の腫瘤に変化はなく、また消化管の他の部位や腹腔内臓器においても異常は認められていない。FGESFはしばしば消化管の異なる場所に再発したり、リンパ節以外の周辺の臓器(例えば肝臓や膵臓)でも同様の病変を形成したりする事が報告されている[1,5]。また嘔吐や食欲不振、体重減少も認められず比較的良好なQOLを維持している。

今回腫瘤の摘出には至らなかったが良好な経過が得られた。これは早期にメチルプレドニゾロン酢酸エステルなどの投与を開始できたからかも知れない。

 猫消化管好酸球性硬化性線維増殖症の発生報告は少なく、本症の病態や治療方法について今後さらなる検討が必要である。

参考文献

1)Craig LE, Hardam EE, Hertzke DM, Flatland B,Rohrbach BW, Moore RR : Feline gastrointestinal eosinophilic sclerosing fibroplasia, Vet Pathol, 46,63-70 (2009)

2)Stimson EL, Cook WT, Smith MM, Forrester SD,Moon ML, Saunders GK: Extraskeletal osteosarcoma in the duodenum of a cat. J Am Anim Hosp Assoc 36:332-336(2000)

3)Ozaki K, Yamagami T, Nomura K, Haritani M, Tsutsumi Y, Narama I : Abscess-forming inflammatory granulation tissue with Gram-positive cocci and prominent eosinophil infiltration in cats : possible infection of methicillin-resistant Staphylococcus, Vet Pathol, 40, 283-287 (2003)

4) Kazushi AZUMA, Takehito MORITA, Kei KOIZUMI, Kazuyuki HUKATSU, Akinori SHIMADA: Feline Gastrointestinal Eosinophilic Sclerosing Fibroplasiaの1例, 日獣会誌,65,879-882(2012)

5)Andrea Weissman,Dominique Penninck,Cynthia Webster,Silke Hecht,John Keating,Linden E Craig: Ultrasonographic and clinicopathological features of feline gastrointestinal eosinophilic sclerosing fibroplasia in four cats, Journal of Feline Medicine and Surgery,15 148-154(2012)

 

 

猫消化管好酸球性硬化性線維増殖症-1図1

【胃表層部】 索状に配列する膠原繊維はしばしば均質な好酸性を呈し、硝子化していた。線維索間では腫大した核を有する線維芽細胞の増生に混じって、多数の好酸球やマクロファージが浸潤していた(矢印)。

 

 

 

 

 

猫消化管好酸球性硬化性線維増殖症-2図2

【リンパ節】好酸球の浸潤やリンパ濾胞の腫大が観察され、加えて被膜や小柱と連続しつつ、線維芽細胞や比較的成熟した膠原線維の増生が認められた(↔)

 

 

 

 

 

 

注意

この症例報告は第35回動物臨床医学会年次大会で発表したものを加筆したものです。

本稿をお読みの際は必ず第35回動物臨床医学会年次大会プロシーディングNO.2,391-392(2014)を参照して下さい。

【ペットの病気】2013.03.02

犬 扁平上皮癌1.jpg ワンちゃんの皮膚にできる悪性の腫瘍に「扁平上皮癌」と呼ばれるものがあります。

 「扁平上皮」とは、皮膚や口内の粘膜、肛門の粘膜などを構成する組織で、ここがガン化すると「扁平上皮癌」となります。皮膚以外にも、口腔内にも時々見られる事があります。

 悪性度の高い腫瘍なので、多臓器に転移する可能性もあります。

 

 

 

犬 扁平上皮癌2.jpgこの写真のは、左肘関節に野球ボール大の扁平上皮癌が見られた、高齢のラブラドール・レトリバーの症例です。

 腫瘍の表面は出血と化膿が見られ、衰弱も激しく、削痩し全身状態もかなり悪かったです。

 

 通常の扁平上皮癌は手術による摘出が第一選択となりますが、これほど全身状態が悪ければ、手術不適となります。また飼い主様が抗癌剤の治療を望まなかったため、サプリメントなどで様子を見る事になりました。

 

 

犬 扁平上皮癌3.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 同一の症例のFNA像です。

 

 扁平上皮癌は、細胞がシート状に配列し、青白い小さな顆粒が細胞質内に見られる事があります。

【ペットの病気】2013.01.21

 「肥満細胞腫」はワンちゃんの皮膚にできる悪性の腫瘍です。

 

肥満細胞腫1.jpg 乳腺腫瘍を除いた皮膚の悪性腫瘍で、最も日常的に見られるのがこの肥満細胞腫です。また、ネコちゃんにも見られる事があります。

 

 またこの肥満細胞はFNA(穿刺吸引細胞診)をする事で、簡単に顕微鏡検査で診断出来ます。

 左の写真の様に、細胞質内に青~赤紫色の顆粒を含んだ細胞像が、この肥満細胞腫の特徴です。

 

 因みに「肥満」と付いていますが、動物が太っている事とは関係なく、この細胞が大型である事から「肥満細胞(mast cell)」という名前が付きました。

 

 

肥満細胞腫2.jpg 肥満細胞腫はその外観からはなかなか診断出来ません。一般には皮下織に境界明瞭な数mm~数㎝のしこりを形成します。皮膚のどこにでも出来る可能性がありますが、四肢や体幹部に出来る事が多いと言われています。

 

 また肥満細胞は炎症性の細胞なので、腫瘍周辺に痒みや発赤が出たり、嘔吐があったりする事もありますが、そのような症状が出ない事もあります。

 

 そして肥満細胞腫は多臓器に転移する可能性もあります。

 

 

 

 

肥満細胞腫3.jpg 肥満細胞腫と診断された場合、他への転移がなければ、手術による摘出が第一選択となります。

 手術は、腫瘍周辺を3㎝以上マージンを取って摘出しなければならないので、例え3~4㎝のしこりであっても、大きく皮膚を切開する必要があります。

 また腫瘍が指先など、十分なマージンを取っての摘出が困難な場所であった場合、断脚(足全体の切除)する事もあります。

 

 また抗癌剤の投与や、放射線照射などをする事もあります。

【ペットの病気】2013.01.16

 ネコちゃんはワンちゃんと違って、呼吸が荒くなる事はほとんどありません。

 興奮して激しく動いた後などは、呼吸が速くなる事はありますが、通常では胸の動きを注意してみていないと呼吸を確認出来ないでしょう。

 

 ネコちゃんの呼吸が速かったり、荒かったり、苦しそうにしていたりした場合それは病気のサインかもしれません。特に開口呼吸や腹式呼吸など、ネコちゃんの呼吸がおかしい時は、すぐに動物病院に相談しましょう。

 

乳び胸1.jpg

 

 猫で上記の様な症状が出た場合、胸水が貯留している事があります。

 「胸水」とは胸腔(胸部の肺や心臓など臓器以外の空間)内に水が溜まっている状態の事です。

 その水が膿の場合は「膿胸」、血液の場合は「血胸」、乳び(リンパ液の一種)の場合は「乳び胸」と言います。今回はその乳び胸について説明します。

 

 胸腔内には胸管と呼ばれる、脂肪を多く含んだリンパ液(乳び)が流れる管があります。

 この胸管からそのリンパ液(乳び)が漏れ出す事が猫で時々あります。原因は外傷であったり、先天的なものもありますが、多くは原因不明の突発的なものです。

 

 乳びが胸管から漏れ出すと、左のレントゲン写真の様に、胸部全体が白くなります。こうなると肺が十分に拡張する事が出来なくなり、息をするのが苦しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

乳び胸2.jpg 針を刺し、採取した「乳び」です。

 苺ミルクの様な液体です。

 

 遠心分離すると乳白色の液体になります。この事からも貯留していた液体は脂肪に富んだ「乳び」である事が分かります。

 

 

 

 

乳び胸3.jpg

  沈渣を鏡顕すると、Mφや中皮細胞も見られますが、リンパ球主体の像が見られます。

 「乳び」は脂肪を多く含んだリンパ液と言うのが、ここからも確認出来ます。

 

 この乳び胸は治療する事が難しい病気です。

 開胸し胸管の損傷部分を確認し、縫合する手術もありますが、かなり難しい手術です。

 多くは針を刺して地道に抜くか、抜去用の管を設置し抜くしか方法がありません。

PAGE TOP